本文へスキップ

     しがらみのない本音の観光ガイド

西茶屋資料館

藩政時代の息吹を今に残す


にし茶屋街の一番奥にかつてのお茶屋「吉米楼」の跡地にその造りを再現した西茶屋資料館がある。
 
1階には大正時代の大ベストセラー作家・島田清次郎氏の資料が展示されている。
 
2階には紅殻壁の艶かしいお座敷に、金屏風・漆塗り装飾品・長火鉢などが展示され、また芸妓さん用の扇子・三味線・太鼓なども置かれ、にし茶屋街の華やかなお茶屋遊びの様子が再現されている。
 
平机は輪島塗の総漆で、相当な値段らしい。鮮やかな赤の壁が醸し出す贅沢な空間に酔いしれながら自前の扇子で投扇興の一人お座敷遊び。
 
規模は小さいながらもここだけで充分にお茶屋の雰囲気に浸る事ができる。どの観光ガイドにも載っている有名な観光名所でありながら観光客はあまり多くないという、穴場スポットだ。

続きの写真を見る
 
金沢市西茶屋資料館
住所:金沢市野町2-25-18
電話番号:076-247-8110
開館時間:9:30〜17:00
定休日:年中無休
入館料 無料
見学所要時間:約15分
 

広小路バス停から徒歩5分  
 

番傘を貸してくれるので入口で記念撮影でも。
 

 

階段を上がるとそこは別世界。
 

照明設備まで趣きがあるのでお見逃しなく。
 
西茶屋資料館 金沢観光推進委員会

 

バナースペース

AD