本文へスキップ

     しがらみのない本音の観光ガイド

尾山神社

昼も夜も見応えがある神社


加賀百万石の礎を築き上げた初代藩主前田利家公を祭った神社。
 
日本初の避雷針のあるアーチ型神門や神苑と呼ばれる地泉廻遊式の名園、前田利家公像など見所たくさん。
 
神門は異国情緒たっぷりの和漢洋三様式が折衷された造りで、最上階には5色使いのステンドグラスがはまっている。ちなみに神門以外の本殿などは純和風の造りである。
 
神門のライトアップはそのステンドグラスがより鮮やかに輝く様を見ることができるが、ライトアップ終了後の夜間は怖いほど暗く静かで金沢ロケのサスペンスドラマでは必ずと言っていいほど殺人事件が起きる定番スポット。
 
オフィス街のど真ん中のあって不思議と違和感を覚えさせない、そこが金沢らしい。
 
続きの写真を見る
 
尾山神社
住所:石川県金沢市尾山町11-1
電話番号:076-231-7210
 

南町バス停から徒歩3分
 

 

藩祖・前田利家公の像。槍の又佐にふさわしい十文字槍に矢避けの母衣(ほろ)をまとう。
 

利家公のトレードマークのひとつ、鯰尾兜。
 

本殿は重厚感ある造り。
 

 

 

 

 

 

ライトアップは幻想とエキゾチックが織り成す神秘的な景色。
 

 

名園と言われるだけあってしばし見惚れる。
 
尾山神社 金沢観光推進委員会

 

バナースペース

AD