本文へスキップ

     しがらみのない本音の観光ガイド

近江町市場

北陸の旨いものが集結


日本海の新鮮な海の幸や加賀野菜などが揃う“おみちょ”こと近江町市場は、江戸時代から続く金沢市民の台所であるとともに、観光客が美味を求めて訪れる。ここで海鮮ランチをするのが金沢観光の定番中の定番。
 
海産物や野菜の販売だけではなく、市場で「きときと(新鮮の方言)」の魚介類を使用した海鮮丼や、最近では店先で立ち食いできるお店も増え、観光客にとってより身近で使い勝手がよくなった。
 
がっつり海鮮丼を食べるもよし、店頭に並ぶ魚介類をサクッと食べるのもよし、の万能型マーケットである。
 
ただし、ごちゃ混ぜ感のある街並みに初めての方はほぼ迷う。公式サイトに出ているPDF地図を印刷するかスマホに入れておくことを勧める。
 
週末のランチはどのお店も長蛇の列。最低でも30分は見ておきたい。ただ回転寿司は列は長くとも滞在時間の短さのせいか、見た感じより待ち時間は意外と短いことも。
 
近江町市場(HP
住所:石川県金沢市青草町88

続きの写真を見る
 

金沢駅よりバス3分 武蔵ヶ辻バス停すぐ
 
加賀野菜
 

 

 
北陸の海の幸
金沢市民には馴染みの深いドジョウの蒲焼きが1本から手軽に食べられるほか、最近では牡蠣や海老なども店先でサクッと食べられるようなお店も増えてきた。

 

 

 
アーケードなので雨の多い金沢でも安心

 

 
井ノ弥

近江町市場で一番の人気店。そして待ち時間も一番。土日祝日ランチは2時間待ちも珍しくない。待ち時間を最小限に食い止めるためには、開店前に並ぶか(できれば30分前、遅くとも10分まで)、夕食での利用を強くすすめる。
日にもよるが、開店前に並ぶとごはん類10%割引のサービスも。
 
海鮮丼いちば

本店は回転寿司で人気の「近江町市場寿司」。その海鮮丼専門店がこちら。週末でも比較的(あくまで比較的だが)短い待ち時間で食事のできる、穴場チックなお店。
 

 
岩ガキ大将

 

「近江町市場一男前の魚屋」を自負するお店。確かにイケメンというより男前という言葉のほうが似あう店主は必見(ちょっと昭和風)。見た目だけでなく素材へも頑固にこだわっているので、生牡蠣を食べたくなったらこちらへ。
 
近江町市場 金沢観光推進委員会

 

バナースペース

AD